【サイト限定】40ドル入金不要ボーナス
※登録時にボーナスコード欄に【luck777】を入力
公式テッドベット / TEDBET

FIFAワールドカップ勝敗予想オッズに賭けれるブックメーカーとベッティング方法

各国の代表チームが参加するサッカー大会の最高峰「FIFAワールドカップ(FIFA World Cup)」は、世界の人口の半分近くが観戦するという、スポーツ界全体を見てもトップクラスの大会です。

海外ブックメーカーでは、FIFAワールドカップの予選から決勝戦までの勝敗予想を賭けることが出来ます。

サッカーのベッティング方法は様々なものがあり、且つ試合時間が長いために途中でキャッシュアウト(損切)もしやすく、スポーツベッティング初心者にもおすすめの競技。

ここでは、最新の大会である「FIFAワールドカップ(FIFA World Cup)」の予選から決勝(優勝)までの勝敗予想に賭けれる、おすすめのブックメーカーと、オッズの見方、各ベット方法の意味、内容を紹介します。

FIFAワールドカップに賭けれるおすすめブックメーカー

工事中

FIFAワールドカップの賭け方

工事中

『FIFAワールドカップカタール2022(カタール)』大会情報とオッズ

今年いよいよ始まるW杯2022カタール。

現地の暑さから日程を冬にし、暑さ対策した大会となります。

ですので、暑さに慣れていない国も有力です。

そういった意味で出場国全てにチャンスはあると思いますが、その中で我らが日本代表はどこまで進むことが出来るのか注目です。

勝敗は、普段のサッカーが出来るか否か。今大会、スペインとドイツが同グループにいますが、臆することなく日本のサッカーを出せれば、決勝トーナメントへトップ通過もありえます。

予選通過やベスト8などで、中には予選敗退という声も聞きますが、中々優秀な選手が揃っています。

日の丸を背負い魂のこもったサッカーを披露し、トーナメントをかけ上がる、その様な姿を世界に見せつける日本代表となるでしょう。

2022FIFAワールドカップ(カタール)優勝国予想

ブックメーカーでは、各試合の勝敗予想だけでなく、優勝国を予想して事前に賭ける事も出来ます。

この項目では、FIFAワールドカップの優勝国がどのチームになるかを、全国のサッカーファンにアンケートを実施し、頂いた答えを紹介します。勝敗予想の参考にしてみてください。

ブラジル代表が優勝

ブラジル代表が優勝。理由はFWにネイマール選手がいるからです。

ネイマールは昔活躍をしていたマラドーナのような活躍をします。

彼なら五人抜きも可能だと思う事でブラジルは強いからです。

ブラジルは一人だけのチームではなくて総合力でも安定感があります。

その中でもネイマールはシュートを外す事が少ないので強いチームです。

それ以外には、MFでレアルマドリードで活躍をしているガゼミーロがいるので、中盤も強いしネイマールへのパスが通れば最強だからです。

ドイツが優勝

ドイツかイングランドかブラジルで迷いますが、ドイツが優勝すると思います。

理由は、過去に何度か優勝を経験しているからです。

ドイツは、攻撃も防御もバランスが安定しているし、技術もパワーも日本とはケタ違いな気がします。また、日本の選手でもドイツのチームに移籍してプレーする人も多く、それだけドイツは学びたいと思わせる色々な要素を持ち合わせた国なのでしょう。

過去に有名な選手も多く出ています。以上の理由により、今年のワールドカップは、ドイツが優勝すると思います。

スペインが優勝

私は優勝予想としてスペインを推します。

2010年大会で優勝してからは少し苦戦が目立っていましたが、今回はグループリーグからドイツと同組ではあるものの、2強がはっきりしているので突破はさほど難しくないでしょう。

逆を言えば決勝までドイツと当たりませんし、組み合わせは悪くないです。

今回はカタールという各国があまり経験のない土地での大会ですが、同じようなシチュエーションであった南アフリカ大会を制している経験は侮れません。

気温も気になりますが、得意の相手を動かすサッカーをすれば自ずと勝利に近づくことでしょう。

アルゼンチンが優勝

優勝候補筆頭は、最多6回目の優勝を狙うブラジルか3回目の優勝を狙うアルゼンチンではないでしょうか。

昨年の南米選手権でも両チームは決勝で対戦していますし、ワールドカップ予選でも1,2位通過していますので、期待されています。

個人的にはアルゼンチンのメッシ選手に期待しています。

ヨーロッパは昨年の欧州選手権優勝のイタリアがまさかの予選敗退。頭一つ抜けているチームはあまりなさそうですが、ネーションリーグをみると、ドイツ、オランダ、スペイン、ポルトガルが調子がよさそうです。

前回優勝のフランスがどうなるか分からないといったところです。個人的にはポルトガルのクリスティアーノロナウド選手に期待しています。

ベルギーが優勝

FIFAワールドカップ2022の優勝国は、ずはりベルギーです。

3月終了時点でのランキングはトップ3に入るほどの安定の強さがあります。

攻撃力と守備力もさらに強化する動きもみられますので期待して良いでしょう。

1度は優勝が見えた大会もありましたが、当時はまだ守備が今一つな感じがしていました。

抜群の破壊力を生かすのも守りが備わっていればこそ。

予選を見る限りでは、しっかりとベルギーの良さが出ていると思いましたし

強豪が苦戦する中、安心して見られました。初の栄冠に今大会は届くと感じます。

ブラジルが最有力だと思います

ブラジルは、日本代表との親善試合の結果こそ1-0でしたが、感覚的には5-0くらいの差はあったと思います。

チッチ監督のもと、今のブラジル代表は個の力だけではなく、組織としても成熟していて、ネイマールを始めヴィニシウス・ジュニオールなど若いスター選手も決してエゴイストにならず、守備もしっかりしています。

個の能力が高いスター選手が、チームのために組織としても機能している最高傑作のチームだと思います。また、競争意識も高くベンチメンバーもえげつないので、総合力も非常に高いです。

ドイツが優勝しそう

攻めや攻撃などの集中や、いかに仲間へのパスつなぎの速さや、シュートの技術点などが全く違うドイツではないかと考えます。

イングランドも頭に浮かびましたが、かなり互角の戦いでもあり、今はまさしくドイツは勝っていることも度々多く、相当のパス技術やそれなりの完璧さなど守りや攻めに対しても本当に早く、この壁を突き破れる国は早々にいないのではないかと感じます。

得点力等はまさしくとても強い技術点が相当に生かされています。スマートな早いゴールは、並大抵ではない感じでもあります。

優勝するのは、ブラジルでしょう

優勝するのは、ブラジルでしょう。

理由は、南米予選でのブラジルが、非常に強かったからです。ブラジルは、激戦区である南米予選で、無敗でした。得点は40点、失点は5点だけという、圧倒的な結果です。6月6日に、行われた日本戦でも、圧倒的な強さを見せつけていました。

日本と戦った試合を、見る限り選手たちの調子もよく、南米予選が無敗だったことも納得です。さらに、中心メンバーのネイマールにとって、今回のワールドカップが、最後になる可能性があります。ネイマールも、30歳のベテランの選手となっているからです。

サッカー選手にとって、引退が迫ってきていると、感じ始める年齢だと思います。

そのため、今回のワールドカップは、本気で優勝のタイトルを、ねらってきます。

ドイツが大本命

日本!と言いたい所ですが、なかなか難しいですよね。

大本命のブラジルも先日の日本との親善試合を観たら疑問符が付きましたね。

するとやはりヨーロッパが来ますよね。ここは勢いのあるドイツが今回の大本命では無いでしょうか。

何と言っても攻撃と守備のバランスが良いですよね。ドイツなら1試合当たり2~3点は取りそうだし、逆にドイツから得点を取るのはかなり難しいですよね。

今回のゴールキーパーも良いですからね。大本命はドイツです。

穴が無いスペインが優勝

スペインが優勝すると思います。

まず若手とベテランのバランスが良いです。

ブスケッツがベテランとしてチームの真ん中で試合をコントロールしてバランスをとれています。

東京オリンピックに出てた選手達も多数、選ばれると思います。

若手の成長が著しくバルセロナのガビ、ペドリ、ファティなどどこの国の代表に入ってもレギュラーでやれるような選手がどんどん出てきてるのも大きい要因の一つです。

個人の才能にプラスして、チームとしての戦術も全てオートマチックに決まっているので穴が無いと思います。

DF力TOPのフランスが優勝

大本命は、前回大会のディフェンディングチャンピオン•フランスだと思います。

グループDはまず問題なく突破するでしょうし、実力から言って調子を狂わされるような相手もいません。

グループリーグ一位通過で、メキシコかアルゼンチンと決勝トーナメント初戦かな、と思いますが、今大会のフランスは攻守揃ったバランスの良さが目立つので、現時点で向かう所敵なしかな、と。

フランスを脅かすのはブラジルくらいでしょうか。優勝予想は、この二択ですね。

ネイマールがいるブラジルが優勝

今年のワールドカップではブラジルが優勝すると思います。

先日、日本対ブラジルの試合を見て、改めてパス、戦略、一つ一つの技術の高さを感じました。

特に、ネイマールを中心にドリブルでうまくデフェンスを交わすその姿は、やはり世界トップクラスのチームだと感じました。

またボールを繋ぎ、チャンスをものにするプレーもさすが。うまく相手にファウルをそそらせる技術も、他の国と一味違った魅力の一つだと思います。

現時点では「フランス」

「フランス」が優勝するかなと現時点では思っています。

ネーションズリーグなどでは少し不甲斐なさを感じるところはありますが、ポテンシャルは大会随一ですし仕上げてくるのではないかと思います。

短期決戦ではモチベーションやフィジカルコンディションの仕上がりが重要で今回の大会はシーズン中なのでその面は問題がないかなと思います。

1番の強みは選択肢の多さとベンチメンバーのレベルの高さです。もはや疲労で崩れる事も疲労でコンディションが落ちる事も考えられ無いレベルで選手層が厚い事は、短期決戦での最強の武器だと思います。

優勝国は、ブラジルです

この前の日本との戦いは、日本もなかなか頑張ったが、一瞬も気を緩めてはいけない試合でした。

やっぱりサッカーの国ブラジルは、桁違いに強いなと改めて感じました。技術が選手みんな素晴らしいし、チームワークも固くなかなか結託のあるチームに仕上がっていると感じました。

ネイマールをフリーにさせないよう、しっかりマークしながら崩していくことも必要です。ブラジル、やっぱり今回も優勝国になるか見どころです。

2022FIFAワールドカップ 日本の結果予想

初戦のドイツ戦は1-0で惜敗。チャンスも創り出したがPKの1点に泣く。マスコミやサポーターは「敗れはしたがドイツを追い詰めた」ということで高評価。
二戦目のコスタリカ戦は0-0の引き分けに終わります。マスコミや世論は「これで1敗1分。次戦で突破の可能性はあるから次のスペイン戦は絶対に負けられない戦いになります」と意気高揚。
最終戦のスペイン戦では先制するも結果的に5-1で惨敗。結果日本は予選敗退です。

予選グループリーグを突破して欲しいですが、死のグループと言われているので、ドイツ、スペイン、コスタリカに負けて予選リーグ敗退してしまうと予想します。
世界のクラブチームで活躍している日本人選手もたくさんいますが、森保監督が修正できないと思う。
初戦のドイツ戦で負けたら、チームで気持ちが沈んでメンタルで負けてしまう様子も目に浮かびます。
もちろん、ワールドカップを楽しみにしてますし日本を応援していますが、世界の壁はまだまだ高いと予想してます。

日本の初戦の相手はドイツです。ドイツは全壊大会では、前評判が高かったにもかかわらずまさかの予選敗退を喫しており、今回は国民の期待やプレッシャーを感じて相当な気合いで挑んでくると想われます。ましてや初戦であり、絶対に勝ちたい試合です。本気モードのドイツは怖いところです。しかし、ドイツなどの強豪は大会序盤にコンディションのピークをもってこないと思われ、そこに希望があると思えます。日本の初戦は黒星かドローでしょう。第2戦のコスタリカ戦はキーパーのナバスが立ちはだかる守備を突破できるかが鍵となるでしょう。ドローでしょう。
第3戦のスペイン戦は、スペインが予選突破を決めていれば日本にもつけ入る隙があるかとおもわれます。しかし、この試合に突破をかけた状態であれば、相当厳しい戦いになると思います。黒星かドローでしょう。日本は3分け、または、2分け1敗、または、1分け2敗だと思います。

3戦全敗で予選敗退だと思います。
まず今回は同じグループの相手が悪すぎると思います。
スペイン、ドイツ共に世界のトップクラスのチームですしプレイオフで勝ち上がって来たコスタリカも強敵です。
どこのグループに入っても厳しいとは思いますが今回のグループ特に厳しい相手だと思います。
現状、日本代表の選手は過去最高の力があるとは思っています。
ですがあまり戦術のような物も見てて感じられませんし選手の才能プラス練り上げられた戦術で挑んでくる相手には勝てると思えません。

グループリーグ敗退でしょう。日本が含まれるグループEの残りの国はドイツ、スペイン、コスタリカ。まずドイツですが、ノイアーを筆頭に高い守備力を誇ります。日本が得点するのは至難の業でしょう。続いてスペインは、メッシでお馴染みFCバルセロナに所属するプレイヤーがたくさんいます。日本もポゼッションサッカーを目指しているようですが、スペインの方が何枚も上手です。最後にコスタリカについてはよく分かりませんが、なぜか日本は中南米の国に弱いところがあります。以上の観点から、2敗1分または3敗でしょう。

予選敗退ですね。未だにシステムが構築されていないし、海外組ばかりのバランスがフィットしていない。森保さんは決して悪い監督ではないです。現役の頃から応援していました。世界基準で選出しているのもわかります。熟成させてたんだろうなぁと。ただ、あまりにも時間をかけすぎたな、と。その間に各国はさらなる飛躍、レベルアップをしていますから。なのに、日本は未だエース不在。主力って誰なの?ベテランと若手の融合はどこに?魅力を感じないんですよ。今一度奮起し手欲しいです。

ベスト8!! かなり強豪国の揃ったグループではあるけど、ぜひ森保監督を軸にジャイアントキリングを起こして欲しい。2018年の本大会前の期待とは裏腹に予想を上回る強さを見せた日本代表。今回はグループステージを突破して、決勝トーナメントでも勝ち抜くことを予想したいし信じたい。直近の試合ではイマイチ不完全燃焼ではあったが、久保建英選手のパフォーマンスに期待したい。そして選手達にはベスト8とは言わず、さらに上を目指して本大会に挑んでほしい。

残念ながらグループリーグでの敗退となるのではと予想します。
大きな理由としては日本が入ったグループがドイツ、スペインというワールドカップ優勝経験もある大国が同居している組でありこの2国が本命視されているからです。
仮に2国が潰し合うことになってももう1国のコスタリカも強豪であり、日本が突破するには難しい相手です。
また、日本代表としても未だにチームとしての骨格ができておらず、テストマッチでも不安定な結果に終始しているため実力を発揮できないまま終わってしまいそうに感じます。

日本はワールドカップの優勝経験国であるスペインとドイツ、ベスト8進出経験のあるコスタリカと難敵揃いのグループに入り、かなり苦戦が予想される。スペイン、ドイツ相手にはチャンスをつくれることは多くなく、数少ないチャンスを決めきるアタッカーもいない。さらに実力差が現れにくいセットプレーでの得点も、かつて日本には中村俊輔や遠藤保仁などフリーキックの名手がたくさんいたが、今はいいキッカーもいなくて全く期待できない。一番実力が劣るコスタリカとの対戦でもチャンスは増えるだろうが勝ち切るのは難しい。1分け2敗勝ち点1が妥当である。

現状ですと一次予選敗退が濃厚だと思います。理由としてまず挙げられるのは絶対的エースストライカーが存在しない事です。フォワード陣の決定力の無さはここ数試合を見ても明らかでせっかく前線までボールを繋ぐ事ができても最後にそれを押し込むストライカーがいません。サイド攻撃についてはスピードのある選手が揃っているので相手のディフェンスを崩していく事ができますがその先がありません。また、中央での個人の突破力が世界との大きな差であると思います。ゴール前、密集した中央でのポジション取りや細かなパス回しができないので引いて守られるとなかなか崩せないのが現在の日本の攻撃陣だと思います。

個人的な希望はベスト8ですが、現実としては予選リーグ敗退が一番可能性が高いと思います。なにせドイツ、コスタリカ、スペインいるグループに入ってしまった以上はどうにもならない気がします。

コスタリカから勝ち点を取る可能性は高いですが、今の日本には攻撃の形が見えない。ある程度はコスタリカのディフェンスは崩せるでしょうが、ゴールキーパーは世界の中でも上から数えたら早い段階で出てくるであろうナバスです。点を取れる予感がしないので、引き分けて勝ち点1がせいぜいという所。

ただし、初戦のドイツ戦で勝ち点1でも取れれば話は変わってきます。ここできちんと得点を奪って、勝ち点を拾えれば案外と勢いに乗って上に行けそうな気もします。

今の日本に駒は揃っているんですよ、スピードで裏を狙える浅野や前田、サイドで勝負ができる伊東や三苫の様な選手がいるので。

特にドイツの裏は狙い目な気がします。それを生かせれば予選を突破できる可能性が「絶望」から「希望が持てる」くらいに変わる可能性は高いと踏みますが、それをできなければ普通に予選敗退でしょう。

でも、日本がそれを生かせた形、特にFWが裏を狙う形が今のところほとんど見れていないので、希望が持てないというのが現状です。

期待はしてるんですけどねぇ。

2022年11月に開催されるカタール大会。グループリーグ突破を狙う日本ですが…組み合わせ抽選会で引き当てられたのはグループE。正直な感想は、突破は難しいかな、と思います。
グループEは、W杯優勝経験のあるドイツとスペインが名を連ねています。FIFAランクも7位12位と格上。順当に行けばこの2チームが決勝トーナメントに進むでしょう。
ただ、日本に望みがないわけではないはず。コスタリカには負けないとして、もし、ドイツ•スペインと引き分けたら…一縷の望みを持って、期待はしたいです。

「ベスト16」がベストパフォーマンスだと思っています。ドイツはクオリティがとても高く正直大会本番であれば、ベストパフォーマンスであれば優勝狙えるレベルのチームなので引き分けて最高の結果だと思います。付け入る隙があるとすればスペインだと思います。スペインはセンターバックと中盤のスピードがないので、日本代表の攻撃陣からしたら1番相性の良い相手だと思っています。ポイントは、いかに中盤互角の戦いをすることができるかなと思います。ここで勝てればショートカウンターは刺さると思います。

今回のワールドカップは、ドイツ、スペイン、コスタリカと強豪ばかりの組み合わせでかなり苦戦すると思います。特に,初戦のドイツ戦で大敗した場合には、確実に全敗が見えてきます。得失点差10点という最悪なシナリオも見えてきます。ドイツにそこそこ戦えた場合は、スペインには、負けて、コスタリカには,1点差の勝利または、引き分けかなと思っています。よくて、勝ち点3.悪くて勝ち点0で決勝トーナメンには行けないのではないかと予想します。

ベスト8進出を期待したいところだが、ドイツ、スペイン両国の壁は厚く、グループ2位以内に入るのは困難だと思われる。また、大陸間予選をかろうじて勝ち上がったコスタリカも実力的には今の日本をしのぐレベルにあると言わざるを得ず、客観的に予想すると3戦全敗のグループ4位、ひいき目に見てもせいぜいコスタリカとドローに持ち込むのが精いっぱいで1分け2敗の得失点差で3位がいいところかと思う。攻撃面ではやはり得点力が課題で、名前は何人かは上がるが決める力には欠けると思う。

2022FIFAワールドカップ カタール大会 予想参考

元サッカー選手や業界に関係するインフルエンサー達の、2022FIFAワールドカップの予想・見どころ動画をまとめています。

勝敗予想の参考としてご覧ください。

FIFAワールドカップ 世間の反応

The profile image of markov_hikakin

ヒカキン×FIFAワールドカップトランクがやってきたので食べてみたら悲劇&ビールをマスオでボウリングしたら

The profile image of jfa_samuraiblue

🔹𝑾𝑶𝑹𝑳𝑫 𝑪𝑼𝑷 𝑺𝑸𝑼𝑨𝑫🔹 2006 FIFA #ワールドカップ ドイツ大会🇩🇪 黄金世代と呼ばれる選手たちは円熟期を迎え、史上最強とされる日本代表への期待はかつてないほど高まっていた。 ⏬特設ページはこちらから 🔗jfa.jp/samuraiblue/wo…#jfa #daihyo#ワールドカップを語ろう🏆

test ツイッターメディア - 🔹𝑾𝑶𝑹𝑳𝑫 𝑪𝑼𝑷 𝑺𝑸𝑼𝑨𝑫🔹 2006 FIFA #ワールドカップ ドイツ大会🇩🇪  黄金世代と呼ばれる選手たちは円熟期を迎え、史上最強とされる日本代表への期待はかつてないほど高まっていた。  ⏬特設ページはこちらから 🔗https://t.co/QYL0CkY9d0  #jfa #daihyo #ワールドカップを語ろう🏆 https://t.co/f5BUyL2KVo
The profile image of LiSA_OLiVE

【「#一斉ノ喝采」ABEMA・テレビ朝日 FIFA ワールドカップ カタール 2022 番組公式テーマソングに決定】 誇り高く笑い合える明日を願い、みなが一斉に喝采する。 そんな瞬間を夢見て、この曲が届くことを願います。 全64試合ABEMAにて生中継!一緒に応援☻

The profile image of hinatazaka46

本日7月30日(土)24:50〜テレビ朝日/ABEMAにて放送の「FIFAワールドカップ64 〜日本のエース伊東純也を日向坂46影山が大解剖SP」に影山優佳がVTR出演致します⚽️ ぜひご覧ください🎬 #日向坂46#影山優佳abema.app/y26R

test ツイッターメディア - 本日7月30日(土)24:50〜テレビ朝日/ABEMAにて放送の「FIFAワールドカップ64 〜日本のエース伊東純也を日向坂46影山が大解剖SP」に影山優佳がVTR出演致します⚽️

ぜひご覧ください🎬

#日向坂46
#影山優佳
<a rel="noopener" href="https://t.co/OAxwz7Geeh" title="https://abema.app/y26R" class="blogcard-wrap external-blogcard-wrap a-wrap cf" target="_blank"><div class="blogcard external-blogcard eb-left cf"><div class="blogcard-label external-blogcard-label"><span class="fa"></span></div><figure class="blogcard-thumbnail external-blogcard-thumbnail"><img data-src="https://s.wordpress.com/mshots/v1/https%3A%2F%2Ft.co%2FOAxwz7Geeh?w=160&h=90" alt="" class="blogcard-thumb-image external-blogcard-thumb-image lozad lozad-img" loading="lazy" width="160" height="90"/><noscript><img src="https://s.wordpress.com/mshots/v1/https%3A%2F%2Ft.co%2FOAxwz7Geeh?w=160&h=90" alt="" class="blogcard-thumb-image external-blogcard-thumb-image" width="160" height="90"/></noscript></figure><div class="blogcard-content external-blogcard-content"><div class="blogcard-title external-blogcard-title">https://abema.app/y26R</div><div class="blogcard-snippet external-blogcard-snippet"></div></div><div class="blogcard-footer external-blogcard-footer cf"><div class="blogcard-site external-blogcard-site"><div class="blogcard-favicon external-blogcard-favicon"><img data-src="https://www.google.com/s2/favicons?domain=https://t.co/OAxwz7Geeh" alt="" class="blogcard-favicon-image external-blogcard-favicon-image lozad lozad-img" loading="lazy" width="16" height="16"/><noscript><img src="https://www.google.com/s2/favicons?domain=https://t.co/OAxwz7Geeh" alt="" class="blogcard-favicon-image external-blogcard-favicon-image" width="16" height="16"/></noscript></div><div class="blogcard-domain external-blogcard-domain">t.co</div></div></div></div></a> https://t.co/FdtoUralQo
ブックメーカー サッカー
おすすめブックメーカーサイト
ウィリアムヒル(William Hill)

ウィリアムヒルはロンドン証券に上場している老舗。日本語対応なので英語が苦手な場合におすすめできるブックメーカー。一部の賭けにキャッシュアウト対応。

また、ライブディーラーと直接やり取りできるライブカジノもあります。

初回入金後、20ドルから100ドルのベット額に対し100%のフリーベットを4度に分けて受け取ることができます。

bet365(ベットサンロクゴ)

ライフベットやキャッシュアウトなど、勝ちやすい賭け方の種類が豊富なbet365。

イギリスのストークに本拠地を置くプレミアリーグのストーク・シティFCのスポンサーで、世界的に知名度の高いブックメーカー。

近年は日本語に対応。画面のUI(インターフェイス)はとてもよく、見やすいので操作に迷うことはありません。

bet365に登録して入金すると、リーガ、エスパニョーラ、ブンデスリーガ、コパ、アメリカなどの海外サッカー試合や、全米・全豪オープン等のテニスの試合を無料視聴することができます。

ピナクル(Pinnacle)

キャッシュアウトはできませんが、3大ブックメーカーの中で最もオッズ(掛け率)が高いブックメーカー。日本語対応しています。

他社の場合、勝ちすぎると賭けに上限を課される場合がありますが、ピナクルスポーツではどんなに勝っていようと制限はかけられない為、勝ちにこだわる方におすすめのブックメーカーです。

Sportsbet.io

Sportsbet.io(スポーツベット・アイオー)はオランダ領キュラソー島で運営認可を得ている、ビットコイン対応型のブックメーカー。日本語対応。

仮想通貨入金はビットコイン・イーサリアム・ライトコインに対応。

換金を介さず、仮想通貨のままベットすることが可能。

さらに仮想通貨だけでなく日本円・米ドル・ユーロでもベット可能になり、エコペイズやアイウォレット等の電子マネーで入出金することができます。

10bet Japan

10bet(テンベット)はキュラソー島ウィレムスタッド(オランダ領)で運営認可を得ている日本人厚遇のブックメーカー。もちろん日本語対応。

サイト内はまるで日本のウェブサイトのように処理速度が速く、すべて日本語なのでとても使いやすいです。

そのうえ、サポートは日本語で24時間ライブチャットで対応してくれます。

10bet Japanはとにかく入金ボーナスの種類が豊富で日本のプロスポーツリーグも多くの賭けの対象になっています。

1XBET

1XBET(ワンパイベット)は、オランダ領キュラソー島で運営認可を得ている2007年設立のブックメーカー。

最低入金限度額が3ドル未満なので低い条件から賭けができることができ、入金することで取り扱っているスポーツイベントのライブ中継を無料視聴可能です。

クレジットカード、電子マネーだけでなく仮想通貨でも入金することができます。

賭けをキャンセルしたい場合には、手数料を払うことで中止できるのも特徴。

188bet

マン島のギャンブル監査委員会より正式にライセンスを取得しているキューブ株式会社運営のオンラインカジノとブックメーカーどちらも楽しめる総合サイト。

コミッション支払いの場合、賭博市場で出されるオッズに比べて、最高20%以上高いオッズが提供されます。

ブックメーカーでは、毎月平均1万試合をインプレイ、ライブ視聴可能。とくにサッカーは人気で取り扱っているリーグは400リーグにも上ります。

チェリースポーツ

老舗カジノとしても有名なチェリーカジノは『チェリースポーツ』と称してサッカー、ゴルフ、バスケットボール、テニスなどの20競技以上のスポーツベットが可能です。

ライブベット、キャッシュアウトにも対応しており、高オッズ設定も可能。

Torapiyoをフォローする
教えてブックメーカー!

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました